一緒にいてお互い良い作用を得られる恋愛って理想的だと思いませんか。
あくまでも私の判断基準ですが「残念男子」というのは「一緒にいる女子が幸せかどうか」で決まると考えています。
女子が振り回されてしまっては、それは「残念男子」です。
この世から「残念」な男子が少しでも減って、幸せになる女子が少しでも増える事を私は願っています。
今回は、レディーファースト精神が根付いた「優し過ぎる残念男子」をご紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①自分の意見を言わない

自分の話しかしないような、我の強い男子よりは全然良いのですが、常に「別に」「何でも良い」と言われてしまうと、ちょっぴり残念です
「何食べたい?」「何したい?」の問いに「別に」…女優か! と思わず突っ込みを入れてしまいたくなるほどです。
「一緒にいて楽しいのかな?」、「無理に付き合わせているのかな?」と不安になってしまいます。
女子の希望を優先したいという優しさなのかもしれませんが、強引な意見を引き出すために意地悪を言いたくなってしまうのは私だけでしょうか…。

「残念男子」認定ポイント②誰にでも優しい

友人ならとても貴重な存在ですが、恋人だと残念です。
誰にでも優しい人は、周りに頼まれ事をされる場合が多く、一言で言えばお人よし
それゆえに、優しくされた女子は勘違いしやすく、女子からのアプローチが多いのはこの手のタイプだと思います。
「他の子に優しくしないで」と思っても、なかなか言えずにモヤモヤだけが積もってゆくのが女子
優しい事が残念だなんて贅沢な悩みですが、残念男子認定です。

「残念男子」認定ポイント③決定権を女子に譲る

女子は時々、思ってもいない事を言ってしまう意地っ張りな一面を持っています。
意にそぐわない事をされてイラだった時につい言ってしまいがちな一言、「もう別れる! 」は、もちろん本心ではありません。
「そんな事言うなよ」「いやだよ」と言ってくれるのを期待しているのです。
しかし、そのような場面で「わかった」と言われると残念を通り越して絶望です。
私は以前、このような状況になり自分で別れを切り出しておいて私がすがりました。
優し過ぎる男子は、重大な決断すら女子の気持ちを優先する悲しい生き物なのかもしれません。

 

優し過ぎる男子は、女子からすると物足りなさを感じるものです。時には強引さを垣間見せるのも「残念男子」から脱却するのに必要な技だと思えてなりません。

記事  御子柴 ゆい ホンネストより転載


女性は男性の薄毛を気にしないって本当?