男のコンプレックス解決しましょう

男子のコンプレックスについて 深く掘り下げて 解消法を 一緒に考えていきましょう

男子のコンプレックスの 3大要素 ちび デブ ハゲ を徹底的に分析し 解決法を考えていきましょう

 現在、2兆円ともいわれるダイエット市場にて圧倒的な存在感を放つ「ライザップ」。

ぽっちゃり体型のタレントが短期間で健康的でスリムな体になって実際に出演し、「結果にコミットする」というキャッチフレーズが強調されるCMは世間に衝撃を与えた。


 だが、「金額が高すぎる」「短期間での過度なダイエットは体に悪い」「リバウンドする懸念が高い」など批判的な意見も少なくない。


 たとえば「ボディメイク スタンダードコース」は、専属トレーナーによる2カ月間・計16回のマンツーマントレーニングと食事指導が行われ、総額34万8000円(入会金5万円、コース料金29万8000円、いずれも税別)となっている。


 また、短期間で結果を出すために効率の良さ・効果をひたすら追求し、2カ月で10キロ以上減量に成功させることなどをウリにしているが、体への悪影響はないのだろうか。


 そこで元キックボクサーで現在はパーソナルトレーナーとして活躍している板橋寛氏に話を聞いた。


「ダイエットをするうえで一番大事で、なおかつ難しいのが食事管理です。この要素が9割といっても過言ではありません。

ライザップは主に糖質制限する食事をすすめており、トレーナーにその日食べるものをメールして確認してもらうようですが、これはとても効果があります。

自己流でやると体重を落としたいがために我慢しすぎる傾向が強く、たとえば水分も我慢したりして脱水症状になったり、

糖質をカットしすぎてイライラや強度の眠気に襲われるといった体への悪影響もありますから、トレーナーと二人三脚で食事制限することはいい方法だと思います。


 また、金額は確かに2カ月で30万円以上というのはかなり高いですが、『大金を払っている』というのはモチベーションの向上に役立つという側面もあるでしょう。


 そして2カ月で10キロ以上落とすという部分も、問題のない数字だと思います。

私は長年キックボクサーとして試合前には1カ月で7キロほどの減量をしなければなりませんでしたが、精神的な辛さはあっても健康面での悪影響はありませんでした」


●マッスルメモリー


 ボディメイクに成功したCM出演者らはみな筋肉質な体を手に入れているようだが、果たして週2回義務付けられているトレーニングでここまでの体が出来上がるものなのだろうか。


「個人的には週3回はやってほしいとは思いますが、週2回、50分のウエイトトレーニングでも一定の効果は期待できるでしょう。

重いものを持ち上げると成長ホルモンやテストステロンといった脂肪燃焼を促す物質が分泌されますので、食事制限の効果を最大限に引き出すことができるためです。

また、筋肉量が増すことで基礎代謝も向上するので、体重を減らすには必須ともいえます」(板橋氏)

 つまり、ライザップの手法は問題ないということだろうか。


「CMに出ている方々は、おそらくもともと運動経験があってそれなりの筋肉量を持っていたのではないのかと推測しています。

マッスルメモリーといって、過去につけた筋肉は落ちても体が記憶しており、トレーニングを再開することで割と短期間で元の筋肉を取り戻すことができます。

シックスパックの腹筋も誰もがあるわけではなく、ある程度の運動経験による筋肉量が必要です。

もし、入会した誰しもがCM出演者のような肉体を2カ月でつくれるのならば、ライザップのトレーナーは全員相当に腕がいいということになります」(同)

 
ちなみに、かつて大手求人情報サイトに掲載されていたライザップのトレーナー(契約社員)の求人情報概要には、「未経験者が多数活躍中!」と堂々と記されていたが、腕のいいトレーナーを育てあげているのだろうか。


●リバウンドはその人の生活スタイル次第


 このほか、ライザップは短期間でのダイエットということもあって、リバウンドしてしまう可能性が高いとの指摘も多い。


「2カ月間のメニューが終わった後に関しては、ライザップに責任はないと思いますが、管理がなくなることによって生活スタイルが以前に戻ってしまえば、間違いなくリバウンドします。

大事なのは、その2カ月で得たトレーニングや食事制限の知識を以後のライフスタイルにも反映していけるかどうか。体づくりの意識をいかに継続できるかが重要です」(同)


 以上より、ライザップは「痩せたい」「いい体をつくりたい」という人にとって最適なプランを提案していることには間違いないようだが、同業者としてはどういった思いがあるのだろうか。


「ライザップの存在は私たちパーソナルトレーナーという職業を世間に広めてくれた、いわば“広告塔”でもあると思っています。

ボディメイクに興味を持つ方がライザップによって確実に増えていますので、感謝しているとともに、お客様の要望にしっかりと応えて結果を出すことへの責任感も感じています。

そしてライザップに限らず、パーソナルトレーニングはマンツーマンで行うものなので、自己管理も含めてトレーナーとの相性次第で結果も変わってくるということを知っていただければと思いますね」(同)


“ライザップ後”も自堕落にならない生活環境を整えなくては、ライザップに掛けた大金と2カ月間が台なしになってしまうという意識が重要といえよう。


(文=長谷英史/A4studio)





 

つきあう彼女が歴代、メンヘラだという男は決して珍しくない。

彼らはなぜ、メンヘラ系女子を引き寄せてしまうのだろうか。

そこにはなにか彼らの性格や属性的なものが関与しているのではないだろうか。

メンヘラを引き寄せる、メンヘラホイホイ男子たち

自傷行為、激しい束縛など「メンヘラ」と呼ばれる女性と恋愛に発展しやすく、結果、心の闇をぶつけられやすい男性たちがいる。

自傷行為、激しい束縛など「メンヘラ」と呼ばれる女性と恋愛に発展しやすく、結果、心の闇をぶつけられやすい男性たちがいる。


「最近つきあい始めた彼女がいるんだけど、こういうのって普通かな?」

そんな言葉で始まる、年下の男友だちの愚痴だか自慢だか相談だかよくわからない話……。

これがよく聞いてみると、相手はだいたいアブナイ女子。

彼女があなたを選んだ理由はよくわかる、と言いそうになって口をつぐむことが多い。

こういう男性に限って、次につきあうのもまた「あらら~」と思うタイプが多い。

メンヘラ系女子と“うっかり”つきあってしまう、「メンヘラホイホイ男子」の特徴
は、どんなところにあるのだろうか。


無理な要求にも、「振り回されるのはイヤじゃない」

学生時代から数えて、つきあった女性は3人。すべてが「今思えばメンヘラ系」と言う男性、アキラさん(仮名=以下同・33歳)に、話を聞いてみた。

「最初の彼女は、大学1年のとき。

同じ学部のかわいい子でした。

同性にはあまり好かれてなかったみたいだけど。

素直で明るくていいなと思っていたんだけど、つきあって1ヶ月後には、夜中に電話がかかってきて『寂しい。今すぐ来て』と言うようになった。

彼女は実家からたんまり仕送りをもらっていたけど、僕は必死でバイトしないと食べていけない境遇。

『明日も朝から講義だし、夜はバイトだから……』と言っても、『来てくれなかったら死んじゃう!』とか言うわけですよ。

そう言われたら行くしかないでしょ。

振り回されるのは別にイヤじゃないんですよ。

だけどそれがあまりにも続くと、こっちもやってられないという気持ちになる」

「私のことが好きなら行動で示して」という愛情を試す電話が頻繁にかかってくる。

「私のことが好きなら行動で示して」という愛情を試す電話が頻繁にかかってくる。


彼女は機嫌がよかったり、自分が忙しかったりするととても優しい。

彼の体を気遣って、素晴らしくおいしい料理を作ってくれたこともある。

「だけど僕が忙しいときに限って、無理なことを要求してくるんですよね。

愛情を試してるんだろうなと思ったから、『世界一好きだけど、それは無理』とかわしたりしてた。

だけど、ある日とうとう、本当に手首を切って自殺を図った。

とはいえ、医師によれば死ぬような傷ではなかったみたいですが……」

アキラさんは一気に、彼女に対する気持ちが冷めていった。

ただ、冷めていてもそうは言えない。

ここがメンヘラホイホイ男子の特徴だ。

うまく別れることができず、はっきり「いいかげんにしろ」とも言えない。

だから女性は、どんどん相手を試す方向に走っていく。


ついに彼女は、リストカットばかりするようになった。大学3年のとき、ついに親が実家に連れ帰ったという。

「大学では、僕が彼女をそういう方向に追い込んだという噂が流れました。

女友だちは『だからあの子はやめろって言ったじゃない』と、みんな同情してくれましたけど。

同性に好かれる女性じゃないといけないなと学びました」

学んだにもかかわらず、次の彼女は怒ると部屋の中のものを何でも壊してしまうデストロイヤー系女子。

そしてつい最近、ようやく別れた彼女は、ひたすらすがってくる粘着系女子だった。


面倒な彼女とつきあうことに、「生きがい」を見いだしている?

アキラさんは、あまり情熱の発露を見せないタイプだ。いつも冷静で、相手と話すときもつい説得調になるという。

「説教はしませんけど、彼女が感情的になっていると、理屈で説得したくなってしまう。

それが相手のネガティブな感情に火をつけるんでしょうか」

そういう女性を理屈で説得しようとしても無理なのだ。

試し系女子は、そういう男をもっと試したくなる。

デストロイヤー系女子は、彼の冷静な態度にますます怒りが抑えきれず、ばんばんモノを壊す。

そして、粘着系女子は、自分がまるごと愛されている気がせず、ますます粘着してしまう、というわけなのだろう。

「わからないんですよ、女性にどうやって対処したらいいのか。

だからどうしても相手に合わせようとしてしまう。合わせてわかったふりをするから、相手の気持ちをヘンに逆なでするというか、悪いところを助長してしまうというか……

共依存から抜け出さなければ、「メンヘラホイホイ」からも脱することはできないのかもしれない。

共依存から抜け出さなければ、「メンヘラホイホイ」からも脱することはできないのかもしれない。


女はわからない、と何度もつぶやくのだが、どこか本気で困惑しているわけでもない風情が漂う。

なぜなら、明らかにメンヘラ系女子なのにもかかわらず、彼はひとりとつきあうとけっこう長いのだ。

最初の彼女は2年、次は4年、その次の彼女に至っては5年以上。まるでメンヘラ系女子を呼び寄せているかのようだ。

手応えを感じているところはあるかもしれません」

手応え?

「自分でなければ、こういう面倒な彼女とはつきあえない。そこに自分の生きがいを見いだしてしまうというか……。

こういう彼女とつきあっている自分は、けっこう度量が大きいんじゃないかとも思えるし」

結局、彼女のためではなくて、自分に自信を持つためにつきあってきたのだろうか。

「いや、そういうことではなく、結果論ですけど」

なんだか、めんどうな彼女とつきあうことで自分に酔っているようにも思えるのだが……。


優しさがあだとなり、彼女の過干渉を助長させる

付き合ったら痛い目をみる。でも、そんな彼女と付き合っている自分が誇らしい。だから、抜け出せない。

付き合ったら痛い目をみる。

でも、そんな彼女と付き合っている自分がどこか誇らしい。

だから、抜け出せない。


マメで優しく、心の底から「女性が好き」とニコニコしているタイプの男はモテるが、こういった男は嗅覚も鋭いので、メンヘラ系の女性からは恨まれないうちにさっさと逃げる

逃げ足の早い男は、恨む隙も与えなかったりするものだ。

だが、メンヘラ系に取り込まれる男性は、自身もどこか屈託があり、心に心配事や悩み事のあるタイプなのではないかと思う。

やはりメンヘラ女子とばかりつきあっているヒロトさん(35歳)は、過干渉な母親に育てられたためか、「マザコンだと思われがちだけど、実は母親的な女性が苦手」なのだという。

それなのに、つきあう女性は過干渉タイプが多い。

周りが「今回も干渉されるよ」と言っても、彼は、「今度の彼女は違う」と言い張ってしまうのだ。

結果は、いつも周りが正しい。

「女性を見る目がないんでしょうね。

親しくなると、いきなり土足で踏み込んでくるような女性とばかりつきあってしまう。

それでこれはヤバイと逃げようとしても逃げられない。

ずぶずぶとドロ沼に引き込まれてしまうんです」

別れた女性がストーカー化したこともある。

「ノーと言えないからいけないんだとわかっているけど、僕がノーと言ったら彼女がかわいそうだと思ってしまう。

それでついつい彼女に支配され、最後は僕がメンヘラ状態になってしまう」

ウツになった彼女に、「ウツを移されたこともある」と彼は言う。相手に同化しやすいのかもしれない。

ヒロトさんの場合、際限ない底なしの優しさにつけいられてしまうようだ。

男を支配したい女は、支配しやすい男を見分けるのがうまい
のだろう。

話を聞いてるだけで、こちらも鬱々としてきてしまうのだが、それでも彼らは言葉の印象ほど暗くなってはいない。

彼も、やはり心のどこかに、「僕じゃないと、ああいう女とはつきあえない」という妙な「自信」があるように思う。

いや、男は、そういった「なにがしかの自信」を持たないと生きていけないものなのかもしれない。


恋愛ガイド 亀山 早苗
All Aboutより転載


デブ   人生最後のダイエット...してみませんか?
ハゲ   女性は男性の薄毛を気にしないって本当? 
臭い   口臭、体臭が気になる方、足やワキ、加齢臭が気になる方に朗報

    

   

突然別れを告げられたら、どのように立ち直ればよいでしょうか? 

実際にあった事例から、1週間で立ち直り、1ヶ月で新しいパートナーに出会う方法をお伝えします。

パートナーから告げられた突然の別れ

突然の一方的な別れに、心が追いつかないときこそやるべきことがあります。

突然の一方的な別れに、心が追いつかないときこそやるべきことがあります。


「女は上書き保存、男は名前をつけて保存」という言葉がありますが、一般的に男性は失恋のつらさを引きずりやすいといわれています。

「昨日まで普通に相手と過ごしていたのにいきなり失恋してしまった」

「いきなり音信普通になってしまった」

「ある日突然、離婚をつきつけられた」


そんな時、どのように立ち直ればよいでしょうか?

今まで3500人の異性コミュニケーション事例を見てきた経験から、その方法を探っていきましょう。

実際に、こんな相談を受けたことがあります。

相談者のIさん(男性・36歳)は、同棲し、結婚を考えていた交際相手からいきなり別れを告げられました。

しかも、別れの理由として告げられたのが「あなたは人間として尊敬できない。もう異性としての魅力も感じない」という辛らつな内容で、さらにショックを受けてしまったのです。

しかし、彼はすぐに改善していくから復縁して欲しいと、必死で交際相手に謝りました。


家事を手伝ったり、マナーを直したりと、献身的になった彼だったが……。

家事を手伝ったり、マナーを直したりと、献身的になった彼だったが……。


その後、彼は日常的に彼女から指摘をうけていたさまざまなことを改善していきました。

それは、例えば、こんなことでした。

・食事中に彼女から「食べ方が汚い!」と言われることがあったので、「食事のマナー」について動画や本で研究。

・「いつまでも皿を放置して洗ってくれない」と以前に注意されたことを覚えていたので、積極的に後片付けや皿洗いをする。

・「仕事が終わるのが遅い」と言われていたので、仕事を途中で切り上げてまで急いで帰る。

……とにかく、考えられることはすべてやったと言います。


それでも、彼女は、Iさんを許すことはなく、彼女の捨て台詞は一つだけ……「あなたは一生変われない!。それでも追いすがった彼は、彼女からストーカー呼ばわりされ、連絡さえも拒否されました。


復縁を目指すより、“新たな出会い”を求めるべき

「とにかく、どうにかして復縁したいです……。

毎日、辛くて、辛くてしょうがありません」

家にひきこもって、もう誰にも会いたくない……そんな気持ちのときこそ行動を起こしましょう。

家にひきこもって、もう誰にも会いたくない……そんな気持ちのときこそ行動を起こしましょう。


私のところにやってきたときの彼は、精一杯の改善をした「緊張感」と、それでも許されなかった「絶望」が入り混じり、うなだれるように立っていました。

そしてIさんは肩を震わせて私に伝えてくれました。

「今月、彼女にプロポーズするつもりだったんです……。

今後、私は、どうすればいいでしょうか?」


私は彼の肩を叩き、次のように伝えました。

「本当につらいでしょうが、“新たな出会い”の可能性がある場所に顔を出してみましょう」

元彼女についての恋愛相談に来たつもりの彼は当然、「でも……」と躊躇していました。

私は、恋愛で落ち込んでしまった時、「悲しみのあまり部屋でうずくまっていたい」と思っても、とにかく外に、外に、出て行ってくださいと指導しています。

どうしても気持ちが落ち込んで行動できないときは、別の目的や理由を作ってみましょう。

「友達を食事に、誘ってみる」

「社会勉強のために、習い事に通ってみる」

「音楽を聞くために、コンサートやライブに行ってみる」

……そんな風に、出かけることともう1つ違う目的や理由を作るのです。

そして、失恋の傷が癒えるのを待つことなく、新しい恋に向かってムリヤリにでも動き始めるのです。

自分を奮い立たせて、良い意味で「自分をだまして」みてください。


失恋直後は、新たな恋愛に向かうチャンス

友人のパーティやコンサート、習い事など、出会いのある場所へ行動をはじめましょう。

友人のパーティやコンサート、習い事など、出会いのある場所へ行動をはじめましょう。


失恋直後、「自分をだます」べきなのはなぜでしょうか。

失恋をすると今の気分は「最悪」の二文字でしかない、と思われるでしょう。ですが、失恋には、実は大きな「メリット」があります。

それは、別れによる大きな「出会い」のチャンスが待っているということです。


なぜなら、失恋後というのは自尊心が傷つけられるので、良く言い変えれば、ふだんよりも「謙虚」な精神状態になっています。

そんな状態で、少しでも女性から褒められると、大変勇気付けられ、言葉ひとつひとつが嬉しくなります。

すると、その思いは相手に伝わり、相手も嬉し くなり、お互いの良い感情の交流が生まれ、恋愛感情が相乗効果で高まっていきます。

そう、失恋後の人は「とても恋をしやすい」状態になっているのです。

そんなときに、もう連絡すら拒否している元恋人へアプローチを続けてストーカー扱いされているのは、お互いにとって損でしかありません。


実際、Iさんは“新たな出会い”の場所に足を運んだことで、たった1週間後には心の傷をいやし、新たなときめきを得られる心の状態へと回復していました。

そして、私はIさんへの新たなミッションとして、「前のパートナーより素敵な人を探しましょう」と伝えました。

もちろん、それには自身の「内面と外見の魅力」を鍛え、自身の魅力を見つめ、自己研鑽に勤しむ必要があります。

1ヶ月後、Iさんは、新たなパートナーと交際に至ります。も

う、そこには、失恋のつらさにうなだれたIさんの姿はありませんでした。

どうしようもない時こそ、良い意味で自分をだます!



By.坂井敏昭

恋愛ガイド 坂井 敏昭
All Aboutより転載


デブ   人生最後のダイエット...してみませんか?
ハゲ   女性は男性の薄毛を気にしないって本当? 
臭い   口臭、体臭が気になる方、足やワキ、加齢臭が気になる方に朗報



   

↑このページのトップヘ